短小チンコもデカくなる!増大サプリとチントレで完璧!

ペニスが小さすぎて恥ずかしい
租チンだとバカにされそうで不安だ
女性の前で裸になれず恋愛すらできない

ペニスの大きさが悩みで、性生活やライフスタイルに影響をきたしている男性もいるでしょう。

このような租チンや短小ペニスの悩みを解決する方法があるのをご存知でしょうか。

本記事ではペニスを大きくするための、効果的なチントレ法やおすすめのペニス増大サプリを紹介しています。

ペニス増大サプリとは、シトルリンやアルギニンなど、血行促進や精力アップにつながる栄養素が配合されたサプリメントです。正しく活用すればペニスの増大効果が期待できますが、サプリ選びや飲み方を誤ると思うような効果が得られないものでもあります。

効果的な増大サプリの選び方や、正しい飲み方についても解説しています。しっかりと取り組めば2~3cmほどのサイズアップも見込めますので、ペニスが小さいことでお悩みの人は参考にしてみてくださいね。

自分のペニスのサイズはどれくらい?短小租チンの定義とは

自分のペニスのサイズが他人よりも小さいと感じていても、実際のところ本当に小さいのか具体的わかっていないという人がほとんどです。

他の人とチンコを並べて大きさ比べをすることもないので、無理もないですよね。

もしかすると思っているほど小さくない可能性もあるので、まずは本当に短小租チンなのかどうかサイズを確認してみましょう。

租チンの定義は7cm以下?根拠と理由

租チンと呼ばれるサイズには医学的な定義はありません。

ですが勃起時のペニスのサイズが7cm以下の場合だと、「租チン」や「短小チンコ」だといわれることが多いようです。

7cm以下だと租チンとされる理由には、女性の膣の長さが大きく関係があります。

女性の膣の入り口から子宮口までの長さには個人差があり、だいたい7.8cm~10cmくらい。

女性の膣の奥行きに対して極端にチンコが小さいと、女性はセックスの際に物足りなさを感じてしまうことがあるのです。

子宮口付近は、中イキポイントとなる性感帯の「ポルチオ」がある部分です。

チンコがポルチオを刺激できないほど短ければ、セックスの際の快感度に差が出てきてしまうのも当然でしょう。

世界基準では、成人の平均勃起陰茎調は12.7cm(5インチ)ほどとされています。またTENGA社がリサーチした結果によると、日本人男性のペニスの平均サイズは13.56cmとのこと。

日本人の平均サイズを下回るようであれば、租チンの自覚を持っておいた方が良さそう。

なお勃起をした場合でも7cm以下の場合には、「マイクロペニス」という遺伝的な疾患の可能性もあります。この場合は専門の医療機関で、一度相談してみたほうが良いかもしれません。

租チンや短小は見た目に恥ずかしいだけじゃない

チンコが小さいと、銭湯や旅行先で恥ずかしい思いをするという人は少なくないでしょう。

人から租チンだと思われること対して極端に不安を抱き、人前で裸になれなくなってしまうこともあります。

ですがデメリットはそれだけではありません。

女性とのセックスに対しても消極的になってしまい、恋愛自体できなくなってしまうケースもあるのです。

セックスの際に女性に性的満足を与えられないことは、それだけ男としての自信を奪ってしまうことにもつながります。

恋愛ができなくてもセックスはできますが、チンコが小さいとそれすらままならなくなってしまう可能性もあるのです。

結論として租チンや短小にはメリットがなく、身体的にもメンタル的にもデメリットばかりが目立ってしまうというわけです。

租チンを大きくするための対策は?

たとえ租チンや短小チンコでも、デカくするための解決策はあります。

それぞれ効果や即効性には違いがあるので、自分のペニスの大きさや、理想とするサイズに合わせた施策が必要です。

それでは、サイズアップのための方法を詳しく解説していきます。

即効性+確実性を求めるなら増大手術

もっとも確実で即効性がある増大方法としては、医療機関で受ける各種増大手術があります。

勃起時のサイズが7cm以下にしかならないというような絶望的な短小ペニスの場合でも、手術であれば改善する可能性が高いでしょう。

増大手術にもさまざまな方法がありますが、「竿を長くする手術」と「カリを大きくする手術」の2つの手術が、ニーズも高く一般的です。

どちらも費用が掛かる点や場合によっては失敗してしまうリスクなどのデメリットがありますが、結果がすぐに出て確実性の非常に高い方法となります。

竿を長くする長径手術

長径手術とは、ペニスの竿の部分に長さを出すための手術です。

短小ペニスはなんらかの理由により、ペニスが腹部に埋もれていることが原因となっています。それらを改善することで、ペニスを本来あるべき長さにするのが長径手術です。

長径手術にもさまざまな手術方法があり、ペニスの状態や短小となっている原因に合わせて行われるのが一般的です。

メスなどで切らずに行える長径手術としては、ペニスを引き出した状態で医療用ナイロン糸などで固定してしまう方法などがあり、費用はおおよそ15~20万円程。

切る長径手術の場合は、ペニスの根元を小さく切開してペニスと恥骨を固定しているじん帯を切るなどの処置を行うもので、ケースによって30~45万円ほどの手術費用が掛かります。

そのほかにも、肥満によってペニスが埋もれてしまったようなケースでは、下腹部脂肪除去などの手術が行われることもあるでしょう。

手術の効果として個人差はあるものの、どちらも2~5cmの延長効果が期待できるとされています。

軽度の仮性包茎の場合には、長径手術を受けることで包茎が改善するケースも多いので、あわせて相談される方も少なくないようです。

切らない長径手術は比較的費用も安くダウンタイムも短いなど、プチ整形間隔で手軽です。しかし糸で固定しているだけのため効果は永続的ではなく、人によってはつっぱるような不快感を覚える場合もあります。

しっかりとカウンセリングを受けたうえで判断すべきですが、長径手術を選ぶなら切開による手術の方が確実で継続的な効果が得られるでしょう。

カリを大きくする亀頭増大手術

亀頭増大手術は、カリの部分にコラーゲンやヒアルロン酸などといった素材を注入することで、亀頭を大きく見せる手術です。

ペニス自体の長さを大きくするものではありませんが、ペニス全体に迫力が生まれるほか、ハリや硬さも強化されるといった効果があります。

カリ高ペニスはセックスの際の挿入時の快感度アップにもつながるほか、膣内を適度に刺激することなどから、見た目だけでなく性的満足を高める効果も得られるのです。

費用は注入する素材によって大きく異なりますが、おおよそ5~20万円程が相場。半永続的に効果が期待できるような素材では、費用は40万円ほどになる場合もあります。

安価な素材の場合は体内での分解や吸収が早く効果は半年程度、中期持続タイプですと1年半から2年前後とされています。

5年ほど長期持続する素材や半永続的に効果が持続する注入素材などもありますので、希望や予算に合わせて医師と相談すると良いでしょう。

おすすめはチントレとペニス増大サプリのコンボ

増大手術などは即効性があり高い増大効果が得られる方法ですが、それだけ費用も掛かるしリスクだってゼロではありません。

勃起時7cm以下で絶望的…という状況ではなく、平均サイズより少し小さい程度であれば、チントレとペニス増大サプリの組み合わせをおすすめします。

チントレと増大サプリは、自身のペニスを育てて大きくすることにつながるため、効果も永続的。

何よりもリスクが少なく、安全性が高い方法なのです。

巷ではチントレや増大サプリにはまったく効果がないという声も聞かれますが、決してそんなことはありません。

たしかに即効性のある方法ではないので、一定期間取り組み続ける必要はあるでしょう。

しかし正しいチントレ法を実践し、効果的なペニス増大サプリを選べば、効果はしっかりと実感できる方法なのです。

チントレと増大サプリには、それぞれ役割があります。

  • チントレ:ペニスに血液を集めて勃起力を高めることでペニスを大きくする
  • 増大サプリ:ペニスの血行を促進し血流を良くして、チントレの効果を高める

ペニスを大きくするためのポイントは、ペニスを勃起させて血液を集める行為を繰り返すことにあります。ペニスを組織づくっている海綿体に繰り返し血液を送り込むことで、長く太くしていくのです。

そのためには定期的な性行為やオナニー、チントレなどでペニスへ血流を送る行為が欠かせません。

さらに増大サプリで血流を良くし、精力をアップを促していくことが、増大効果を高めるカギとなります。

それぞれ組み合わせなくともそれなりにサイズアップ効果は見込めます。ですが増大サプリによるサポートがあることで、より効果を実感できるようになるというわけです。

増大サプリを飲むだけでペニスが大きくなるならとても簡単ですが、サプリだけではやや力不足。チントレで血流を促し、サプリでサポートすることで、理想的なペニスが手に入ると考えたほうがいいですね。

ペニスを長く太くするためのおすすめのチントレ法は?

チントレではあまり増大効果が期待できないという人もいますが、正しい方法で取り組むことで1~3cmほどのサイズアップは見込めます。

チントレでペニスを増大させるためには、大きく2つのポイントがあります。

ひとつは海綿体に血液を送り込むこと、もうひとつはペニスをひっぱって埋もれている部分を引き出すことです。

それぞれのメカニズムは以下の通り。

埋もれているチンコを引っ張り出す

  • おすすめのチントレ法:ペニス牽引法

ペニスの根元は、ワナ靭帯という組織によって恥骨に固定されています。この靭帯の緊張が強いと、ペニスが身体に埋もれたような状態になり短小に見えてしまうことがあります。本来は平均的な長さがあるのに、埋もれているため小さく見えるということですね。このようなタイプの場合には、ペニスを引っ張ることでこの靭帯をゆるめて、ペニスを本来の長さまで引き出すトレーニングが効果を発揮します。

ペニスに血液を送り込む

  • おすすめのチントレ方法:ミルキング

ペニスは海綿体という、スポンジ状の血管の集まりでつくられている組織です。海綿体は繰り返し血液を送り込むことで拡張し、少しずつ血管が太くなっていきます。また末端の毛細血管などへ血液を送り込むことで、海綿体のすみずみまで血液がいきわたり、より血液が流れる面積も増えていきます。海綿体に血液を送り込みすみずみまで血流を届けるためには、性行為やオナニーによる勃起よりもチントレのほうがより効率よく効果的なのです。

このようにペニスの状態や目的に合わせて、上手にチントレを取り入れていくのが効果的です。もちろん両方のチントレを組み合わせれば、より増大効果も高まるのでおすすめ。

続いては効果の実感度が高めの、おすすめチントレ法を紹介していきます。

事前準備でチントレ効果を高めよう

どのような運動やトレーニングでも、事前の準備が大切です。

チントレの効果を高めるためにも、また思わぬケガやトラブルを防止するためにも、しっかりと事前準備をしてから取り組むようにしましょう。

チントレの準備は以下の通り。

  • 手指とペニスを清潔にする
  • ペニスのストレッチ
  • ペニスを温めて血行を促進させる

チントレをはじめる前に、まずは手指とペニスを清潔な状態にしておきましょう。汚れた手でペニスを触ると、尿道などから雑菌が入る危険性もあるからです。面倒な方はお風呂やシャワーの際に、チントレを行うと便利でしょう。

またストレッチをしておくことも大切です。

チントレの前に軽くペニスをストレッチさせておくと、ペニスへの負担をおさえられてけがの防止につながるほか、血流がいきわたりやすくもなります。ストレッチにはルールなどはありませんので、あまり力を入れず軽く引っ張る、くるくる回す、プラプラと振るなどの簡単なものでOKです。

血行を促進させるためにも、ペニスを温めておくのがおすすめです。可能であればお風呂の湯船に10分ほど浸かり、ペニスや股間周りの血流を高めておくと良いでしょう。もちろんシャワーなどでも構いません。それがむずかしい場合などには、レンジで温めた適温の蒸しタオルでペニスを3分ほど温めるだけでも効果的です。

今回紹介する牽引法やミルキングなどのチントレでは不要ですが、ジェルキングというチントレの場合には潤滑剤となるローションが必要になります。滑りが良ければいいだろうとボディーソープなどで代用する人もいますが、肌トラブルにつながる可能性もあるので、必ず専用のローションを使用するようにしましょう。

なかには増大効果を高めるローションや、温感効果のあるローションなどもあるので、そうしたローションを選ぶのもおすすめです。今回は必要ありませんが、参考までに。

ではおすすめのチントレ法を2つ、手順やコツなども交えて紹介します。

ペニス牽引法

ペニス牽引法は、下腹部の皮膚部分に埋もれてしまっているペニスを、引っ張りだして伸ばすチントレ法です。

  1. ペニスの竿部分を軽く握る
  2. そのまま前方に軽く引っ張った状態で30秒ほどキープ
  3. 力をゆるめてから手を持ち替え、上方へ引っ張り30秒キープ
  4. 同じ流れで下、右、左と順に引っ張った状態をキープしていく
  5. 続けて亀頭部分を軽くつまむようにして持つ
  6. ペニスを360度時計回りにゆっくりと回転させる
  7. 今後は半径周りにゆっくりと回転させる

ペニス牽引法はペニスを固定している、ワナ靭帯という組織をゆるめるのが目的です。

あまりむりに引っ張るとじん帯を痛めてしまう可能性もあるので、むりせず優しく引っ張ってあげるのがコツ。

すぐに効果が得られる方法ではありませんが、地道に続けていくことで本来の長さへと近づけられるほか、ペニスへの血行促進にもつながり増大効果も期待できることでしょう。

まさに短小や租チンのコンプレックス解消にはぴったりのチントレです。

ミルキング

ミルキングはペニスの血流を増やし、太くて迫力のあるペニスへと育てるためのチントレです。

ペニスの組織である海綿体に、血流がいきわたらせるようなイメージで取り組むのがポイント。

  1. ペニスを半勃起状態にする
  2. 親指と人差し指で輪を作りペニスの根元を握る
  3. 圧を加えながら順に指を握りこんでいく
  4. ぎゅっと握った状態で10秒ほどキープ
  5. 親指は固定させたまま指を開いて血流を再開させる
  6. 3~5を10回ほど行いワンセット
  7. 休憩をはさみながら1日に3~4セット行うと効果的

このトレーニングでは、加圧しながら血流をペニスの端々までいきわたらせる流れを繰り返し行います。

あくまでも海綿体への血流を促すことが目的ですので、加圧時に亀頭がパンパンになるほど血流を止める必要はありません。

また勃起状態で行うと効果が得られないばかりか、ケガにつながる可能性もありますので、必ず半勃起状態で行うようにしてください。

あまり無理をするとペニスに負担がかかってしまうので、痛みを感じない程度に取り組むようにしましょう。

ペニス増大サプリと併用するとより効果大

ペニスを大きくするためには、チントレだけでなくペニス増大サプリの力を借りることも重要です。

効果的な増大サプリには、血行を良くしペニスに流れ込む血液の量を増やすことにつながる成分が配合されています。

増大サプリのみを使用した場合には効果に限りがありますが、チントレと併用利用することによって、さらなる増大効果が期待できるのです。

ただしどの増大サプリでも効果は同じというわけではありません。なかには詐欺商品や健康被害の可能もあるサプリも紛れているため、注意が必要です。

効果的な増大サプリを見極めるために欠かせない、3つのポイントがあります。

  • シトルリンやアルギニンなど増大効果のある成分が多く配合されている
  • 国内生産品など安全性が確認できる商品であること
  • 継続しやすい価格で購入できる製品であること

どれも必要な条件ですので、少し詳しく解説していきます。

シトルリンやアルギニンは増大サプリに欠かせない成分

ペニス増大サプリを選ぶうえで、必ず確認しておきたいのが、配合されている栄養成分です。

どんなに高価なサプリでも、ペニスの増大につながる栄養素や成分がまったく含まれていなければ意味がありません。

なかでも欠かせないのが「シトルリン」と「アルギニン」、2種類の栄養成分です。

シトルリン

血管を拡張し血流を良くしたりする効果があるアミノ酸成分。体内に入ることで一酸化窒素を増産し、海綿体にたくさんの血液を送り届けてくれる作用があります。また血管をしなやかな状態にしてくれるため、スムーズに血流が流れるようにもしてくれます。

アルギニン

シトルリン同様、血管拡張や血流改善効果があるほか、ペニスを育てる成長ホルモンの分泌を促す効果も。精子の質を高めるなど男性機能の改善にもつながる効果もあるため、男性不妊の改善にも積極的に取り入れられている成分です。

どちらもペニスへの血流を高めてくれるため、チントレのサポートとしても効果絶大。またアルギニンは性機能と大きく関係のあるホルモン分泌を促すため、ペニスの増大や精力増強の面でも重要な成分となっています。

ペニス増大サプリを選ぶ際には、これらの成分が十分に配合されているかどうかが重要です。

なかにはほんの少量しか含まれていないような低品質の増大サプリもあるので、必ず原材料と配合量はチェックするようにしましょう。

安全性が確認できるサプリであることも重要

ペニス増大サプリは、日本国内だけに限らず海外でも人気のあるサプリメントです。

とはいえ安易に海外の商品を個人輸入して利用することは、絶対におすすめできません。

というのも海外で作られた増大サプリのなかには、日本国内で承認を受けていない危険な成分を含んだサプリも多く存在するからです。

海外のサプリは安いからとか、海外サプリの方が効果が高そうだからという理由で購入し、実際に健康被害を訴える人も少なくはありません。

またどこで製造されたかはっきりしないようなサプリメントのなかには、増大に必要な成分がまったく含まれていないような詐欺まがいの商品が紛れている場合もあります。

安全に利用するためにも、増大サプリは国内で製造管理された商品を選ぶようにしましょう。

国内の健康補助食品GMP認定工場で製造されたサプリであれば、国内未承認の成分などは使用されておらず、一定の品質が保たれた安全性の高い製品であることが保証されているのです。

GMP認定工場では原材料の仕入れから製造、出荷までのすべての工程や過程が、すべて厳重に管理されています。厳しい基準やガイドラインに則り、人為的な誤りの防止や製品の汚染や品質低下の防止に努めているため、GMP認定工場で製造されたサプリは安全性が高いことが伺えます。

万が一不安な場合には、返金保証制度付きの商品を選ぶのもひとつの方法です。

返金保証があれば万が一、身体に合わない場合でも、商品代金が帰ってくるので安心。返金保証制度を設けている増大サプリメーカーは、商品に自信があるからこそこうした保証を行っているともいえます。

詐欺商品に出会いたくない場合には、こうした保証制度を設けているメーカーや商品を選ぶようにすることも、安全に商品を購入するひとつの目安となるでしょう。

継続しやすい価格で購入できる製品であること

ペニス増大サプリは、どの商品も比較的高価なものが多いのが特徴です。

増大成分が多く含まれているものや、希少価値の高い成分が配合されているサプリなどでは、ひと箱で数万円もするような商品もあります。

質の良さを追求し、高額なサプリを購入すること自体は決して悪いことではありませんが、少なくとも半年以上継続できる価格帯のものを選ぶことが重要です。

ペニス増大サプリは即効性がえられるものではありません。そのため少なくとも3ヶ月から半年ほど飲み続けることを前提として、購入する必要があるのです。

それを見越して、無理のない価格帯のサプリを選ぶことはとても重要なことです。目安としてはひと箱当たり1万円前後の増大サプリメントが良いでしょう。割引制度などを活用して、コスパの良い商品を選ぶのもおすすめですよ。

増大サプリの効果を高める上手な飲み方は?

ペニス増大サプリは正しく飲むことで、ペニスを大きくしたり勃起力を高めたりする効果が期待できます。また精力増強成分も含まれているので、性欲が高まったり活力アップにもつながることでしょう。

増大サプリは薬ではないので、いつ飲まなくてはならないなどのルールはありません。しかし飲み方を工夫することで、効果を最大限に引き出すことは可能です。

逆に誤った飲み方をしていては、思うように効果が得られないこともあります。

しっかりと効果を得るためにも、効果的な飲み方を確認しておきましょう。

焦らずまずは3ヶ月飲み続けること

ペニス増大サプリは薬や手術とは異なり、飲んだからといってすぐに効果が得られるというものではありません。

チントレの効果を引き出すためのサポートとして補助的に栄養を摂るものですので、チントレとあわせて一定期間飲み続けることが重要です。

効果がみられるようになるまでには個人差もありますが、最低でも3ヶ月は続けるのがポイント。

増大サプリメーカー各社でも、まずは3ヶ月継続することを推奨しています。

しっかりと効果を感じたいという人は、少なくとも3ヶ月~6ヶ月は継続することを視野に入れて、サプリ選びをすることも大切ですね。

飲むタイミングは食前などの空腹時がおすすめ

アミノ酸系のサプリメントを摂るときは、食前または食間などの空腹時に飲むのがおすすめです。

食後は栄養の吸収が良くなるタイミングではありますが、食事で摂取したたんぱく質などが先に吸収されてしまい、サプリで摂取したアルギニンやシトルリンなどのアミノ酸の効果が半減してしまいます。

また就寝前なども飲むタイミングとしてはおすすめ。

就寝前に飲むことで、眠っている間の成長ホルモンの分泌を促してくれることでしょう。

真性包茎の場合は思うような効果が得られないことも

真性包茎の人のなかには、ペニスが小さいことで悩んでいる人も少なくないでしょう。

しかし真性包茎の場合、ペニス増大サプリによる増大効果はあまり期待できません。

たしかにペニス増大サプリは、チントレと組み合わせることでペニスの成長を助けてくれるものです。ですがいくら海綿体に流れる血液の量が増えても、包皮に成長を邪魔をされてしまうため、それ以上大きくなれないのです。

仮性包茎であればまだ望みはあるかもしれません。しかし真性包茎の場合ですと、手術などで治療を受ける必要があるでしょう。

短小ペニスを大きくする方法のまとめ

短小ペニスを大きくするためには、毎日のチントレと増大サプリを飲むことが大切です。

どちらか一方だけ取り組むよりも、両方をしっかりと継続していくことで、増大効果をより確実なものとしていけることでしょう。

おすすめのチントレ法は2通り。

  • ペニス牽引法:身体に埋もれたペニスを引き出して長くする
  • ミルキング:ペニスの血流を高めて太く迫力のあるものにする

増大サプリを選ぶ際は

  • シトルリンやアルギニンなど増大成分をしっかり配合したサプリ
  • 国内生産品など安全性が確認できる信頼性の高い商品
  • 継続しやすい価格帯のサプリ(3ヶ月~6ヶ月の継続が目安)

の3つの条件が大切です。

チントレも増大サプリも、即効性があるものではないため継続していくことが重要となります。

なかなか変化が見られずくじけてしまいそうにもなるかもしれませんが、まずは3ヶ月しっかりと取り組んでいくことです。

効果のある増大サプリとチントレの実践を継続していけば、納得のいく結果が待っているはずですよ。